【3分で選べる】進研ゼミチャレンジ1年生、選ぶべきはタブレット(チャレンジタッチ)?紙教材どっち?

もうすぐ娘が小学生になるのでチャレンジを始めようと思います。紙教材とタブレット教材どっちが良いのかしら?

こんな疑問におこたえします!

チャレンジを始める時、紙教材とチャレンジタッチどちらにするかすごく迷いますよね

我が家は悩んだすえ紙を選びましたが、半年たって紙の良い面悪い面どちらも感じます。

なのでこの記事では我が家の経験をふまえて、紙教材とタブレットの失敗しない選び方をご紹介します。

さっそく結論

タブレット(チャレンジタッチ)が合うお子さん

ゲーム感覚で問題を解いてくことが好きなお子さん

紙教材が合うお子さん

机に向かって自分でじっくり考えるのが好きなお子さん

子供が勉強を好きになる一番の近道は、自分の答えにたくさんマルがつく経験が一番です。

勉強する楽しさを実感したら、習慣は自然と身につきます。

なので、一番最初の教材はお子さんが正解を出しやすい方を選んであげましょう。

紙教材とタブレット(チャレンジタッチ)選ばれているのはどっち?

教材タイプで悩まれているご家庭は、他のおうちがどちらを選んでいるかが気になりますよね。

実は、2021年4月に進研ゼミに入会した小・中学生の約7割がタブレットなどデジタル講座を選んでいるそうです。

ベネッセ決算資料より

最近では生徒ひとりひとりにタブレットを配布する学校も増えています。

小さい時からデジタルツールに接している子供たちにとっては、タブレット教材の方が取り組みやすいんですね。

想像以上にタブレット派が多いようです!紙にこだわるのは古いのかも!?

紙教材とタブレット(チャレンジタッチ)の違いは?

チャレンジの紙教材とタブレットは細かくみていくと、結構違うポイントがあります。

 紙教材タブレット
(チャレンジタッチ)
追加料金赤ペン先生のテスト送付用の切手下記の場合別途必要
・タブレット破損
・6ヶ月以内に退会
・タブレット保証加入
特典タブレットにはない体験教材がある
(例:ひまわり観察キット)
紙教材にはないコンテンツ
赤ペン先生郵送(2年からは画像送信OK)
消しゴムなどのプレゼントあり
オンライン提出
追加教材PCやタブレットで閲覧可能タブレットで閲覧可能
採点親がする自動でしてくれる
ゲーム性低い高い


実は紙教材とチャレンジタッチでは、もらえる付録やプレゼントも微妙に違います。

紙教材には、ひまわり観察キットなどの体験型の付録や赤ペン先生を期限内に出すともらえる鉛筆や消しゴムといったプレゼントがあります。

紙教材だけの付録やプレゼント
  • ミニひまわりかんさつセット
  • かん字こくばんセット
  • 消しゴム(赤ペン先生)
  • 鉛筆(赤ペン先生)
  • シール(赤ペン先生)

チャレンジタッチだけにつく付録もあります。

チャレンジタッチだけの付録
  • ながさ ばっちり!ルーレットメジャー

チャレンジタッチは紙教材が別途タウンロード必要な無料コンテンツが最初から入っているので、コンテンツが充実しています♪

紙教材とタブレット(チャレンジタッチ)、勉強スタイルの違いは?

教材タイプを選ぶ上で一番重要なのは、どちらの勉強スタイルがお子さんにとって効果的かですよね。

結論から言うと、効率的にインプットとアウトプットを高速で回せるのがタブレット、じっくり思考力を養うのが紙教材です。

効率的にインプットとアウトプットを高速回転できるタブレット(チャレンジタッチ)

【算数】<チャレンジタッチ1ねんせい>動く解説で考え方からよくわかる!

チャレンジタッチの最大の魅力はインプットが視覚的で、直感的に理解ができることです。

まだ長文がすらすら読めないお子さんや、つきっきりで勉強を教えられないご家庭でも単元ごとに深い理解ができるのがいいですね。

【国語】<チャレンジタッチ1ねんせい>とめ・はね・書き順も自動で採点!

漢字の書き順も、しっかり見ていないと間違って覚えてしまいます。

チャレンジタッチなら自然と正しい書き順が身につくのが素晴らしいです。

チャレンジタッチは、マルつけも自動的にやってくれるので親の負担がほぼゼロ。

ゲーム感覚でインプットアプトプットを回して、勉強の楽しさを実感してほしいというご家庭にはタブレットがおすすめです。

読解力と思考力をじっくり育てる紙教材

いっぽうの紙教材は、親世代が見慣れたプリント形式になっています。

学習内容は、学校で使用する教科書に沿ったものなので、事前にばっちり準備をして自信をつけてあげたり、授業後のフォローができるのが紙教材のメリットです。

鉛筆を握りながら、じっくり自分の頭で考えるのが好きなお子さんには断然紙教材がオススメ。

紙教材は、読解力と思考力を育ててあげたいご家庭向きです。

進研ゼミチャレンジ1年生、おすすめ教材のまとめ

本記事では、進研ゼミの紙教材とタブレット(チャレンジタッチ)の違いについて紹介しました。

小学1年生の通信教材選びは、今後の家庭学習を左右する大事な決断ですね。

迷ったときは、ぜひ資料を取り寄せてどちらが好きか、お子さん自信に選ばせてあげてくださいね。

\紙もタブレットも無料体験できます/

コメント

error:右クリックはできない設定にしています、申し訳ありません。
タイトルとURLをコピーしました